むし歯治療

むし歯になったら悪化する前に治療を

虫歯|白河のジュンデンタルクリニック かつて、むし歯治療といえば「削った後に詰めるまたは被せる」という流れが主でした。しかし、歯は削れば削るほど弱くなっていくものです。重度のむし歯は削ることが避けられない場合もありますが、なるべく歯を削らないためにはむし歯を早期発見することが大切です。

 ただ、むし歯は初期段階では痛みを感じることがほとんどありません。そのため、知らない間にむし歯が進行してしまうこともあるのです。それを防ぐためには、定期検診を欠かさないことがポイントです。

 定期検診でむし歯にならないように指導を受けたり、むし歯になっても初期のうちに対処できるようにしておくことはお口の健康を守る上で非常に有効です。治療が終わった後も、定期検診を積極的に受けましょう。

当院のなるべく痛くない治療

レーザー治療

歯科用レーザー|白河のジュンデンタルクリニック レーザーを照射して水分を蒸発させてから感染部分を取り除く、「痛みの少ない歯科治療」として注目されている治療です。

 従来の治療では感染部分の周囲の健康な歯質まで削らなければならず、痛みを感じることがありましたが、レーザーは健康な部分にはほとんど触れません。むし歯や歯周病の治療はもちろん、口内炎や知覚過敏などの症状緩和、詰め物・被せ物を入れる前などに利用されています。

 レーザーをあてるのは一瞬なので痛みはほとんどなく、痛みが苦手な患者様でも無理なく治療を受けられます。

電動麻酔

電動麻酔|白河のジュンデンタルクリニック 手動の注射器は、麻酔液が注入される際に圧力がかかるために痛みを感じます。

 電動麻酔器を使えば、麻酔液が体内にゆっくりと入っていくため、痛みがほとんど気になりません。

極細の針(33G)

極細の注射針|白河のジュンデンタルクリニック 当院では、現在発売されている針の中でも極細の33Gの針を使用しています。

 針が細ければ細いほど痛みが小さくなりますので、この針による注射はほとんど痛みを感じません。

麻酔液を温める

麻酔液|白河のジュンデンタルクリニック 冷たい飲み物が歯にしみるという方はいらっしゃいますが、温かい飲み物であれば問題ないことが多いでしょう。

 それと同じく、麻酔液も人間の体温程度に温めて使用すると、違和感が少なくなります。

表面麻酔

表面麻酔|白河のジュンデンタルクリニック

 治療中の痛みよりも治療前の麻酔注射の痛みを嫌がる患者様は多いです。

 表面麻酔を行えば、麻酔注射の痛みはなくなります。表面麻酔で痛みをなくすことで、患者様の治療に対する恐怖心を減らすという目的があります。

当院のなるべく削らない治療

経過観察の徹底

経過観察|白河のジュンデンタルクリニック

 「二次むし歯」という言葉をご存知でしょうか。

 これは治療済みの詰め物や被せ物の隙間から始まる二次的なむし歯のことで、むし歯の約70%を占めているといわれています。二次むし歯の発生と治療が繰り返されると歯の寿命が短くなり、最終的に歯を失ってしまう可能性もあります。むし歯は初期段階であれば、必ずしも削る必要はありませんので、当院ではできるだけ歯を削らずに経過観察を徹底しています。

 ただ、むし歯が進んで痛みがひどくなっている場合は神経を治療しなければならないため、削る必要が出てきます。そうならないためにも、定期検診でむし歯の早期発見・早期治療を心がけるとともに、正しいセルフケアを欠かさないようにしましょう。

5倍速エンジン

5倍速エンジン|白河のジュンデンタルクリニック

 どうしても削らなければならないむし歯は、5倍速コントラアングルを使用して削ります。

 一般のコントラアングルよりも5倍の速度で削ることができるので、歯を削る時のブレを抑え、歯を削る量も少なくて済みます。

拡大ミラー

拡大ミラー|白河のジュンデンタルクリニック

 歯の健康な部分とむし歯の部分をはっきり区別して、健康な部分を削らないようにするためには拡大ミラーが欠かせません。
このミラーを使うことで視野を肉眼の約5倍まで拡大し、患部の細かい部分までしっかり確認できます。

 中でも当院では、日本で多くの歯科医師に選ばれている拡大鏡、「サージテル」を使用しております。

う蝕検知液

う蝕検知液|白河のジュンデンタルクリニック

 歯が茶色や黒になっている場合、むし歯になっていると思いがちですが、実はそうとは言い切れません。

 着色していても問題がなかったり、白っぽく見えていた歯がむし歯になっていたりすることも多いのです。う触検知液は、むし歯のみを赤く染め出すので、見た目ではわからないようなむし歯でもきちんと特定することができます。

 また、赤く染め出された部分のみを除去することによって、歯の健康な部分を削ることなく治療を進められます。

MIバー

MIバー|白河のジュンデンタルクリニック

 歯科治療ではおなじみのドリルですが、当院では、MIという考え方から生まれた極小のドリル「MIバー」を使用しております。

 これを使うことで歯の削る量を極力抑え、患者様の負担を少なくしています。

白河市新白河のジュンデンタルクリニック 基本情報

院名 ジュンデンタルクリニック
住所 〒961-0856 福島県白河市新白河 一 丁目 9-10
電話 0248-21-8845
TEL:0248-21-8845 診療時間:9:30-13:00/14:30-19:00 CLOSE:土午後、日、祝